資産運用会社
みずほリートマネジメント株式会社
スポンサー
みずほ信託銀行

English

検索窓を開く

検索窓を閉じる

  1. ホーム
  2. 投資法人の特徴
  3. 投資法人の特徴

Characteristics of One REIT投資法人の特徴

1ミドルサイズのオフィスビル(Middle-sized Office Buildings)を重点投資対象とするポートフォリオ

本投資法人は中長期的に安定した収益の確保と運用資産の着実な成長を目指して、マーケット規模が相対的に大きく多くの取得機会を見込め、また中長期的に安定した賃貸需要が見込めるとともに本資産運用会社の知見・経験を十分に発揮できるミドルサイズのオフィスビル(Middle-sized Office Buildings)(※1)を重点投資対象として投資します。

(※1) ミドルサイズのオフィスビル(Middle-sized Office Buildings)とは、延床面積が概ね3,300 ㎡(約1,000 坪)~33,000㎡(約10,000 坪)の範囲に属するオフィスビルをいいます。
Middle-sized・・・neither very large nor very small(LONGMAN現代英英辞典より)(超大規模、もしくは超小規模を除く(本資産運用会社訳))

2不動産の本質的価値-「立地」と「ビルスペック」-の追求

本投資法人は不動産の本質的な価値の多くは「立地」と「ビルスペック(機能性・デザイン性等)」に依拠するものと考えており、投資に当たってはテナントニーズの高い立地に所在するビルスペックの高い物件に厳選して投資します。また、運用に当たっては、テナント視点での「安心」、「快適」、「便利」に配慮した、「テナントに選ばれるビル」を目指し、長期的視点でビルスペックの維持・向上を追求します。

不動産の本質的価値-「立地」と「ビルスペック」-の追求

 

(1)重点投資対象エリアの策定による立地の厳選

本投資法人は、東京経済圏(※2)への投資を中心としながら、地域分散の観点から地方政令指定都市等(※3)も投資対象に含めております。東京経済圏、地方政令指定都市等のいずれにおいても、重点投資対象エリアを策定することで投資エリアを厳選し、さらに各個別物件の立地評価においてもテナントにとっての利便性等を十分に吟味することで、立地にこだわった投資を目指します。

(※2) 東京経済圏とは、東京都、神奈川県、埼玉県及び千葉県をいいます。
(※3) 地方政令指定都市等とは、地方政令指定都市(東京経済圏以外に所在する政令指定都市) 及び地方政令指定都市に準じた地方中核都市(東京経済圏以外に所在する地方政令指定都市以外の県庁所在地又はそれに準ずる都市)を総称していいます。

(2)『テナントニーズに応えるビルスペック』によるテナントと投資主への最適な付加価値創造の実践

本投資法人は、本資産運用会社及びスポンサーグループの不動産運用にかかる知見・経験を最大限活用してテナント視点での「安心」「快適」「便利」を最適コストで実現することを追求し、投資主価値の最大化を目指します。

3スポンサーの強みを活かして獲得する豊富で質の高い物件情報の活用

みずほ信託銀行の広範な顧客基盤、情報ネットワーク、信託銀行ならではの不動産情報へのアクセス力並びにMONEグループ(※4)の不動産投資・運用に対する多様な経験、高い専門性及び独自ネットワークを活用して、多様な不動産活用・売却ニーズへの対応力を背景として、物件や売却確度等の観点から質の高い情報を早期に幅広く入手し、物件の取得につなげることにより、質の高いポートフォリオの形成を目指します。

(※4) みずほリートマネジメント株式会社(本資産運用会社)、みずほリアルティOne株式会社及びみずほ不動産投資顧問株式会社を総称して、「MONEグループ」といいます。

4金融系スポンサーの下での安定的な財務基盤と厳格な内部管理・リスク管理体制の構築

スポンサーであるみずほ信託銀行及びみずほ銀行を中心としたレンダーフォーメーションにより、安定的な財務基盤を構築します。
また、利益相反取引管理や情報管理等を、金融機関におけるノウハウを活かした厳格なルールに基づいて遂行します。

このページの先頭へ