資産運用会社
株式会社シンプレクス・リート・パートナーズ - Simplex REIT Partners
スポンサー
みずほ信託銀行

English

検索窓を開く

検索窓を閉じる

  1. ホーム
  2. 投資法人の特徴
  3. 投資法人の基本姿勢針

Policy投資法人の基本姿勢

基本姿勢

「ものづくりの発想」で金融商品をマネジメントする Creating Value, and More

「ものづくりの発想」とは・・・

精魂込めてモノを作るだけでなくそのモノに関わる人たちに喜ばれることを目標として外見・機能・内装・設備・使い勝手、コスト、その他考え得る多くの視点からそのモノを見て、考えて、これまでの経験とチームワークを基に方針を決定し、実現すること、また、目に見える価値の創造だけではなく、感動や信頼、感謝を生み出すような不動産を創り上げていくこと、を表しています。

「and More」に込めた想い・・・

単に物件の価値を上げる、テナント満足を得るだけではなく、十分な心配りでその先にあるスキーム関係者、不動産市場、投資家にとっての「価値」を創る。それによりスキーム関係者と長期のリレーションが構築でき、不動産市場へ貢献することができ、ひいては投資主価値の最大化を実現することができると考えております。

シンプレクス DNA

創業来ファンド事業と不動産開発(自己賃貸)事業を展開してきました。10年超のファンド運用実績(累積AUM1兆円超)と1,300億円を超える開発実績(物件価値を高めてリターンを追求・ゼロから不動産を創造)を有しております。
多彩なバックグラウンドを持つ人材が在籍し業務展開する中でノウハウを蓄積しており、各事業で蓄積したノウハウを相互に水平展開することで独自の「付加価値創造文化」を形成して参りました。
内外の専門家(ヒト)、様々な資金(カネ)、特性の異なる物件(モノ)、多様なネットワーク(情報)から最適解を導き、「少しでも良い不動産を創りたい」という姿勢は「付加価値創造」というDNAとして深く刻みこまれ継承されています。

シンプレクス DNA

付加価値創造モデル

本投資法人は、SIAグループ(※)における豊富な実績・ノウハウ・データベースと高いスキル、さらには「少しでも良いモノを創りたい」という想いによって、常に最適解を見極め、具現化していきたいと考えています。
表層的な問題解決ではなく問題の本質を追求するとともに、潜在的なニーズや埋もれている価値をも見極め、それらを具現化することでそれぞれの不動産の持つ本当の価値を最大限に引き出すことによって競争力を発揮し、テナントにとっての価値、投資主にとっての価値の最大化を目指したいと考えています。

(※) SIAグループ:株式会社シンプレクス・インベストメント・アドバイザーズ、シンプレクス不動産投資顧問株式会社、株式会社シンプレクス・リート・パートナーズ

付加価値創造モデル

このページの先頭へ