資産運用会社
みずほリートマネジメント株式会社
スポンサー
みずほ信託銀行

English

検索窓を開く

検索窓を閉じる

  1. ホーム
  2. 投資法人について
  3. 執行役員ご挨拶

Message from Executive Director執行役員ご挨拶

執行役員
橋本 幸治執行役員 橋本 幸治

投資主の皆様へ

投資主の皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素はOneリート投資法人に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

本投資法人の第9期(2018年2月期)の運用状況についてご報告申し上げます。
第9期においては、2017年10月6日に旗艦物件であったJタワーを譲渡するとともに、同年10月25日に大博多ビル、大同生命大宮ビル及び山上ビルを取得いたしました。また、マーケット動向に合わせた賃料の増額交渉に取り組むとともに、管理面では、テナントニーズや物件毎の特性を踏まえた最適コストの実現を図り、稼働率の維持・向上、賃貸事業収支の向上に努めました。
この結果、当期末現在の本投資法人の保有資産合計は24物件(取得価格合計80,815百万円)、総賃貸可能面積は136,351.64㎡、また、当期末現在の稼働率は99.2%となりました。分配金については、不動産等売却益が発生したことを考慮し、将来の分配金の安定化のため100百万円を内部留保し、当期未処分利益から内部留保相当額を控除した全額を分配することにより、投資口1口当たりの分配金を8,027円といたしました。

本投資法人は、今後もスポンサーのサポートを最大限に活用し、「分配金の持続的な成長」と「ポートフォリオ・財務構造に配慮した規律ある外部成長」を追求し、投資主価値の最大化を目指してまいります。

投資主の皆様におかれましては、今後とも変わらぬご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

このページの先頭へ